DHAサプリメント比較ランキング|口コミ体験談

DHAサプリメントといってもいろいろあります。
商品によって含有量も違えば価格も違います。
さらにDHAと同じくらいよく出てくるEPAなどもチェックポイントになります。
こういったところをみて比較して選ぶと良いと思います。
それでもわからないと思いますのでいくつかおすすめのDHAサプリメントを紹介したいと思います。

おすすめDHA配合商品

美健知箋EPA&DHA

美健知箋EPA&DHA90年以上の歴史をもちユンケルで有名な佐藤製薬グループが提供するサプリメントです。
なんといっても1包(1日分)でDHAが550mg配合されているというのがまず挙げられます。
EPAと合わせると1日750mg摂取できるので他と比べても多く摂取できるのではないでしょうか。
価格的にも利用しやすいと思いますし、まずは紹介させていただきます。

きなり

きなりはDHAとEPAが1日目安(4粒)に500mg含まれています。
さらに注目成分のクリルオイルが配合されています。
私も愛飲していて高い効果に期待しているサプリメントです。
特に飲みにくいとかもないですね。
キャンペーンで利用しやすい価格になっていたりするので興味のある方は公式サイトを確認してみてください。

イマークS

イマークSはニッスイが提供するドリンクです。
1本ににDHAが260mgでEPAが600mg含まれています。
ですから一日で計850mgということでこれ1本で厚生労働省が推奨している量のほとんどを摂取できてしまいます。
初回の方はお試しもあるので利用しやすいと思います。
知名度のあるニッスイが提供しているのも安心できるのではないでしょうか。

小林製薬 DHA&EPA EX

小林製薬はDHA&EPA EXはDHAとEPAが1日目安摂取量で837mgも摂取できるサプリメントです。
これだけ摂取できるので青魚などほとんど食べないという方にはおすすめです。
初回半額ということで初めての方は利用しやすいということもあります。
知名度のある会社なので安心して利用できるというのもありますね。

DHAサプリメントの選び方

DHAの含有量

DHAのサプリメントを利用するならやはり含有量は重要視するポイントになるのではないでしょうか。
DHAの含有量もそうですが、EPAの含有量も含めてどれくらいなのかということを見ていくと良いと思います。
商品によって1粒あたりとか4粒あたりとかDHA含有量の数字が違うのでそのあたりもしっかり見てみてください。

価格

含有量やDHA以外に含まれている成分などでも価格が全然違いますが、含有量などと総合的に比較して選ぶことが大事です。
商品によっては初回限定お試しなど安くなっているものもあるのでまずはそういった商品を利用するのも良いのではないでしょうか。

EPAなどのその他の成分

DHAと同時にサラサラ成分と言われているEPAもどれくらいの含有量かをみるのも大事です。
他にはクリルオイルやナットウキナーゼなど配合されている成分は違うのでその辺も見て比較すると良いと思います。
ちなみに最近の注目成分ではクリルオイルでしょうか。

DHAの効果について

DHAは人間の体内では作ることができない栄養素でして、それではどこから摂取していくのかと言いますと、青魚に含まれているといわれております。
血流を良くしてくれ、目の網膜や脳の働きを活性化してくれる効果があると言われ、健康食品としてサプリメントでも販売しております。
DHAが十分あれば、脳の働きは良くなり、記憶力アップや学習能力を高めることができるようになってきます。
そのほかにも美肌効果もあるといわれております。
肌荒れやしわの原因の1つに血流の流れの悪さが挙げられるのです。
その血流を良くしてくれる働きがあるので、美肌効果もあるといわれているのです。
DHAは青魚の中でも、まぐろ、かつお、あじ、さば、いわしなどに多く含まれていると言われておりますが、青魚が苦手だという人は、青魚のほかにも微量ではありますが、たまごや肉からでも摂取できるとは言われております。
ですが本当に微量なので、適量に摂取したいのであればサプリメントが良いかもしれません。

DHAとEPAの関係

日本では昔からDHAとEPAを豊富に含む魚の摂取量が多かったのですが、最近では肉を多く摂取するようになり、魚の摂取量が減ってしまったため、中性脂肪の増加やコレステロールの増加などが問題となってきています。
DHAとEPAには、どちらもコレステロールを調整する働きがあると言われており、またこの二つはとても近い栄養素なので、同時に摂取することで相互的な効果を期待することができます。
もちろん魚を直接食べた方が栄養素を自然の形のままで摂取でき、より高い効果を得ることができます。
しかし、DHAやEPAを効率良く摂取したいけれど魚を食べる機会があまりないという人は、サプリメントを利用してみるのがオススメです。
DHAとEPAの関係について詳しく知りたいという場合は、インターネットで検索してみると良いでしょう。
通販サイトを利用すれば、人気のあるDHAサプリメントやEPAサプリメントなどを手軽に購入することができます。

DHAとコレステロールの関係

悪いものというイメージの強いコレステロールですが、これはもともと細胞膜の成分になる脂質であるため、生物が生きていくためにはどうしても必要なものなのです。
しかし、コレステロールには善玉だけでなく悪玉のものがあり、悪玉が増えすぎてしまうとさまざまな病気の原因にもなってしまいます。
そこで生活習慣や食習慣が気になる人にオススメなのがDHAを摂取するということで、DHAは魚の中でも特にまぐろやさんま、さば、かつお、ぶり、いわしなどに多く含まれています。
また、DHAという成分は熱に弱く参加しやすいものなので、焼き魚よりも生の刺身で食べる方が良く、加熱すると成分が損なわれてしまうので注意しましょう。
DHAとコレステロールの関係について詳しく知りたいという場合は、インターネットで検索してみると良いでしょう。
通販サイトを利用すれば、DHAを多く含んだサプリメントや健康食品などを手軽に購入することができます。

DHAと中性脂肪の関係

血管の壁に中性脂肪がたまってしまう状態のことを動脈硬化と言いますが、これが進むと血栓ができてしまい、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす要因となってしまいます。
また、血液の中でも大きい成分である赤血球の柔軟性が失われると血液が上昇してしまうことにもなります。
DHAは魚に多く含まれる成分として有名ですが、これには中性脂肪を下げる働きがあると言われており、さらに赤血球など血液中の成分を柔らかくする働きもあるため、健康にとても良いものなのです。
生物が食べたものは体内で分解されエネルギーとして利用されますが、カロリーがあまり消費されないとエネルギーは肝臓で中性脂肪として蓄えられることになります。
DHAは中性脂肪の合成を抑え、肝臓から血液の中へ中性脂肪が分泌される働きも抑えるため、中性脂肪の低下に効果的なのです。
DHAと中性脂肪の関係について詳しく知りたいという場合は、インターネットで検索してみると良いでしょう。

DHAと血液サラサラの関係

DHAと血液サラサラの関係は、オメガ3系の不飽和脂肪酸とよばれる成分でつくられています。
このDHAの生理作用は固まりにくさにあります。このDHAが人の細胞膜に取り込まれると、固まりにくい性質のため細胞壁の流動性が高まり、その結果、脳細胞のしなやかさが増し、肝臓への悪玉コレステロールの取り込みがスムーズになったり、血管細胞がしなやかになり、赤血球がやわらかくなり、血液がさらさらになります。
細胞膜の材料となるのですが、現在の食生活ではなかなか取る事が難しく、ほぼ取られていないものとなっております。
この脂肪酸が不足していると、細胞膜はもろくなったり、酸化しやすくなっているので、血液の流れが悪くなり、高血圧、動脈硬化などの原因になってしまいます。
これは体内では合成できないため、食べ物から摂取しなければならない脂肪酸です。
一日400mgを目安に、意識して食材に気をつけたり、サプリメントで適度に摂取することで、改善していくと思います。

DHAと脳の働きを良くする関係

魚は脳の働きを良くする食べ物としてよく知られていますが、特に魚油に含まれているDHAが脳の中で重要な働きをするとされています。
DHAは主にまぐろやさば、あじなどの魚に多く含まれる栄養素であり、これを多く摂取することでさまざまなメリットがあります。
同じ脂と言っても、牛や豚などの動物性の油脂は体内で固まりやすく、それによって中性脂肪やコレステロールを上昇させてしまいます。
しかし、魚の脂は中性脂肪やコレステロールを下げ、血液をサラサラにするという効果があります。
さらに、魚に多く含まれているDHAには脳内の情報伝達をスムーズにさせるという作用があり、これをしっかりと摂取することで学習能力や記憶力を高めると言われているのです。
また、脳の老化を抑える効果もあり、老人性痴呆症の予防効果も期待されています。
DHAと脳の働きを良くする関係について詳しく知りたいという場合は、インターネットで検索してみると良いでしょう。

DHAを多く含む食べ物

DHAは不飽和脂肪酸の一種に分類されるもので、多く含む食べ物としてはマグロやサバなどの青魚が有名です。
青魚の油分に多く含まれるものですが、肉類の脂肪よりも体にとって健康的な成分となっているのが特徴です。
青魚の油を摂取しても、コレステロールがたまって肥満になる心配がありません。
それどころか、青魚の油に多く含まれるDHAを摂取することで血液がサラサラとなって血中の中性脂肪も減らすことができます。

 

昔の日本人のように、魚をタンパク源として運動もしっかりとしていれば肥満などの生活習慣病を予防することができます。
魚の消費量は減少傾向にありますが、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸の優れた効能が注目されるようになったため、青魚の価値が見直されています。

 

秋の季節には、安くて美味しいサンマを沢山食べればDHAを豊富に摂取することができます。
調理の時間がないときには、イワシやサバを煮込んだ缶詰を利用するのも賢い食べ方です。
青魚の生臭さが苦手な人も少なくありませんから、最近ではDHAのサプリメントも販売されていて人気です。
サプリメントは足りない栄養分を補うために使うのが基本ですから、青魚を食べることを習慣にすることも大切です。

DHAとコレステロールの関係

DHAは悪玉コレステロールを下げる効果が期待できると言われています。
実際、様々なDHAサプリメントが出ています。
DHA以外にもEPAやそのほかの成分が配合されている商品もありどれにしようか迷ってしまうと思います。
そこでこちらのLDL(悪玉)コレステロールを下げるサプリメント比較なども参考にしてみてはどうでしょうか。

更新履歴